コラム

オリジナルタオル1枚・小ロットの相場と大量発注と比べた価格差

2018/05/15

オリジナルタオルの1枚の相場と、大量発注の相場の違いは、しっかりと把握しておきたいところです。オリジナルタオルの小ロットの相場を知らなければ損をしてしまうこともあるので、ひとつひとつ確認してみましょう。

 

■数量によるオリジナルタオルの単価

 

オリジナルタオルの単価を確認してみると、多くのサービスが、小ロットより大量発注の方が単価は低くなっています

例えば、あるサービスのバスタオルで比較してみると、20枚を製作する場合、1枚あたり5000円程度になっています。しかし、これが100枚の製作になると、1枚あたり2000円程度になるのです。

100枚の時に比べると、倍以上の単価になってしまいますので、オリジナルタオルを小ロットで発注する行為は、コスト的にはかなり損をすることになります。

 

<フェイスタオルの小ロット相場>

1枚作成:5,000円~10,000円
10枚発注1枚あたり:2,000円~3,000円

 

■小ロット発注は貴重

 

オリジナルタオルの1枚の相場を把握する際に覚えておきたいのが、そもそも小ロットでオリジナルタオルで製作をしてくれるサービスは限られているという点です。

1枚単位の発注になると、さらに限られてくる可能性があり、かなり貴重な存在であるといえるでしょう。

この付加価値の部分にお金を払うことにもなるので、大量発注より、小ロット発注の方が高くなってしまうのは、しかたがないことだともいえるでしょう。

 

■大量発注でも損をする場合がある

 

コスト面だけを考えるなら、小ロット発注よりも、大量発注の方が優れています。しかし、オリジナルタオルの必要性を考えずに、安易に大量発注を選ぶのは、おすすめしません。

いくら20枚より100枚の方が安いからといっても、大量発注して、結局使わないタオルが出てくると損をすることになります。

この点は、しっかりと考えておかなければ大量発注の利点も消えてしまいます。

 

■小ロットの発注に強い業者を探す

 

基本的には大量発注より、小ロット発注の方が高いです。しかし、業者によっては、100枚を超えるような発注と1枚単位の発注の価格差を少なく設定しているところもあります。

こんな業者は、オリジナルタオルの小ロット発注に強い業者だといえるので、少量のオリジナルタオルを利用したい人たちにとっては重宝します。

 

■まとめ

 

オリジナルタオルの小ロットの相場は、大量発注に比べると、コストが高くなってしまうことがわかりました。しかし、どうしても小ロット発注になってしまうこともあるので、そこは素材で調整したり、プリントで調整してみるとよいでしょう。

 

コラム一覧へ戻る

加工種類

ご利用ガイド

会社概要

お問い合わせ

コラム

今すぐカンタン見積り